風俗に行くと「すべて同じようなプレイをしてくれる」と思っている人はいないでしょうか?
しかし、実際のところはそのようなことではなく、「風俗の種類によってその風俗独特のプレイ内容がある」というとことがわかります。
では、風俗によってどのくらいプレイ内容が違うのかということを「基本プレイ」から考えてみましょう。
まずは、風俗の中でも一番人口の多い「デリヘル」からです。
デリヘルの基本プレイは、「オーラルセックス」です。
女性が、裸になって、手や口を使って刺激し射精するというセックスです。道具を使うということはありません。
次に、ファッションヘルスです。
これは、店舗によって大きく異なるのですが、基本は「女性が着衣のままサービスしてくれる」ということです。
いわば「コスプレプレイ」といってもいいのではないでしょうか?
このような場合、服を脱ぐという行為はオプションになってしまいます。

おすすめ情報ページ

  • 初めての方にも分かり易く18禁ゲームの情報を紹介しているのがコチラのホームページです。

それぞれのシステムの違い

そして「オナクラ」です。
これは、女性が何かをしてサービスするということではなく、「オナニーをするための興奮対象になる」ということです。
もちろんですが、男性が女性に触れることもありません。
プレイの内容は、オナニーを見てもらうほか、相互鑑賞といって、オナニーをしている女性を見ながらオナニーをするというプレイです。
このプレイが主体となります。
最後にソープランド。
これは、入浴プレイが主な内容です。
ソープランドでは、「プレイ料」ではなく「入浴料」というそうです。
基本プレイは、「マットプレイです」
ローションでぬるぬるにして、体をこすり合わせながら性的サービスを受けるということです。
このように、風俗によって、プレイの内容は大きく変わってきます。